中東ビジネス最新情報 ・2021年4月27日

UAEのStrata社が徳島県への医療用防護器具・注射器の販売を準備

2021年3月にUAEのStrata社と徳島県は、新型コロナウイルスの流行によって、県内における医療物資が不足した際、高機能マスクなどを供給してもらう覚書を締結しました。Strata社は、アブダビ政府が100%出資する投資企業であるMudabala社の傘下において、航空機部品を製造販売している事業者ですが、近年、事業の多角化を推進しており、医療消耗品の製造も手掛けている大手企業です。

Strata社はUAEのアルアインにおいて自社製造したN95型マスクを販売開始しており、現在は同工場において70人の従業員が勤務、年間製造量は3,000万個以上を誇っています。また、マスク以外にも医療従事者向け個人用防護具や、注射器の自社製造も行っています。

そして、徳島県は2021年4月に新型コロナウイルスのワクチン接種時に使用する注射器について、Strata社から1瓶で6回接種できる特殊な注射器を40万本、購入することを決定したと発表しました。報道によると、購入費は現在交渉中で、商品は1,2カ月後に到着する見込みとのことです。

Strata社のCEOであるIsmail Abdulla氏は現地のNational紙に対して、UAEにおいて製造される防護具が世界の必要とされる場所において活用されることを誇りに思うと語っており、また、徳島県との協業を通じて、日本国内の他の市町村において同様の需要がある場合にも対応可能な体制を構築していくと語っています。これまでは商品を輸入する側であったUAEですが、近年はイノベーションや先端技術開発にも力を入れており、今後、同国において製造される商品が全世界に輸出される未来が訪れるかもしれません。

ksnコーポレーションでは、ドバイ政府機関との提携関係の下、UAEや中東市場における各種規制の調査から参入戦略の立案、現地パートナー候補のご紹介等といったご支援をさせて頂いております。UAE及び中東地域への進出や販路開拓にご関心をお持ちの企業様がいらっしゃいましたら、是非お気軽にお問い合わせください。

参考文献:
Mubadala’s Strata to supply PPE to Japan in health-tech diversification push
Strata boosts PPE supply chain between UAE and Japan
Strata Manufacturing signs MoU to boost products supply to Japan


Copyright© 2021 ksn Reserch & Consulting. ALL Rights Reserved.