中東ビジネス最新情報 ・2021年4月6日

UAEでシノファーム社(中国)のワクチン大量製造が年内にも開始

2021年3月末に中国の王毅外相が中東6か国(サウジアラビア、トルコ、イラン、UAE、オマーン、バーレーン)を訪問し、中国と各国の連携強化に向け、各国要人と会談を行いました。UAEには3月27日から28日にかけて滞在し、UAE国内における中国シノファーム社製の新型コロナウイルスワクチンのUAE国内における製造開始を発表しました。

シノファームはUAEにおいて、人工知能やクラウドのリーディングカンパニーであるG42社の子会社(G42 Medical社)と協業し、新型コロナウイルスに対する不活化ワクチンの第3相試験を2020年6月に世界で初めて開始する等、これまでもUAEと深い協力関係にありました。今回の王毅外相によるUAEへの訪問によって、その関係がさらに強固なものになったと考えられます。

現地報道機関によると、UAEのラスアルハイマに拠点を置く大手製薬メーカーであるGulf Pharmaceutical Industries社 (Julphar社)がG42社とJVを組成し、アブダビのカリファ工業団地において新工場を設立し、今年中に同工場において年間最大2億回分のワクチン製造を行うと報道されています。

UAEは2020年12月にシノファーム社のワクチンを世界で初めて承認した国として注目を集め、その後、現時点でのワクチン接種率は80%を超える等、急速にワクチンの接種が進んでいる国です。UAE国内においてワクチン製造が可能になれば、ワクチンをさらに廉価かつ広範囲に普及させることができ、接種が容易になり、コロナ禍を終息に近づけることができると共に、ワクチンが十分に行き渡っていない近隣国や、アフリカ各国に対してのワクチン外交も視野に入ってくると考えられています。

ksnコーポレーションでは、ドバイ政府機関との提携関係の下、UAEや中東市場における各種規制の調査から参入戦略の立案、現地パートナー候補のご紹介等といったご支援をさせて頂いております。UAE及び中東地域への進出や販路開拓にご関心をお持ちの企業様がいらっしゃいましたら、是非お気軽にお問い合わせください。

参考文献:
https://gulfbusiness.com/uaes-julphar-to-start-producing-covid-19-vaccines-in-april-2021/ https://gulfbusiness.com/uae-to-begin-manufacturing-covid-19-sinopharm-vaccine/

Copyright© 2021 ksn Reserch & Consulting. ALL Rights Reserved.