中東ビジネス最新情報 ・2020年10月27日

ドバイのPalm Fountainが世界最大の噴水としてオープン

ドバイと言えば世界一の高さを誇るブルジュ・ハリファをはじめとした数多くの「世界一」があることで有名です。そのドバイに今月新たな世界一が誕生しました。

https://www.cbnme.com/news/dubais-palm-fountain-takes-guinness-world-records-title-for-worlds-largest-fountain/

これまでドバイの噴水と言えばドバイモールとブルジュ・ハリファに面したDubai Fountainが有名でしたが、今回誕生したこのPalm Fountainは、14,000フィートの海水の上に広がり、世界最大の噴水としてギネス記録に登録されました。その広大な規模もさることながら、噴水の高さは最大で105メートルに達し、またこの噴水には3,000以上のLEDライトが装備され、日没から深夜まで、30分ごとにカラフルな噴水ショーを楽しませてくれます。Palm Fountainはヤシの木の形をした人工島として有名なパーム・ジュメイラに位置し、ドバイの新たな観光名所として今後注目を集めそうです。

ドバイでは2000年代以降に急速に都市の成長が進み、先述のブルジュ・ハリファをはじめとした高層ビル群などが形成され、近未来都市として世界中より注目を集めましたが、そうしたいわゆる第1期の開発が完成してから既に10年程度が経過しています。この10年の間に周辺国でも都市の開発は進み、また世界各地でドバイを追い抜くための開発も進んだため、最近のドバイの目新しさは相対的に低下傾向にあったとも言えます。

しかしドバイはそうした状況に手をこまねいているのではなく、万博という世界的なイベントの誘致に成功し、それを契機として今回紹介したPalm Fountainや世界最大規模の観覧車であるAin Dubai、そしてブルジュ・ハリファを上回る高さのDubai Creek Towerなど第2期と言える大規模開発を進めてきています。こうした常に先を進もうとするドバイの姿勢からは、今後も世界のフロントランナーとして前進していこうとする覚悟を見て取れる気がします。もしかすると10年後のドバイの街は現在とはすっかりと違うものとなっているかもしれない、そのような期待を感じさせます。

ksnコーポレーションでは、ドバイ政府機関との提携関係の下、UAEや中東市場における各種規制の調査から参入戦略の立案、現地パートナー候補のご紹介、展示会出展のサポートといったご支援をさせて頂いております。UAE及び中東地域への進出や販路開拓にご関心をお持ちの企業様がいらっしゃいましたら、是非お気軽にお問い合わせください。


Copyright© 2020 ksn Reserch & Consulting. ALL Rights Reserved.