中東ビジネス最新情報 ・2020年7月7日

UAEにおける内閣の改編

UAE政府のポータルサイトであるUAE Government Portalによると、UAE政府は新型コロナウイルス後の国家戦略立案にあたり、2020年5月に連邦および地方政府当局の幹部でオンライン会議を実施し、6つの分野(Health, Education, Economy, Food security, Society, Government)を重点分野について議論を行ったと公表していました。また、同会議の後、UAEの副大統領と首相、ドバイ首長国の首長を兼任するムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム氏が以下の2点を公表していました:
・COVID-19の影響に対応するための戦略の一環として、政府組織の構造や大きさをレビューする。
・機敏・柔軟・俊敏な政府を目指し、省庁や関連組織の改編や統合を検討する可能性がある。

そして、7月5日に、現地Gulf Newsを始めとする報道機関が相次いで、UAEにおける連邦政府の組織改編を発表しました。また、同時にアール・マクトゥーム氏の発表によると、50%の政府サービスセンターが廃止され、2年以内にデジタルポータルとなり、連邦当局の50%が合併するか、省庁に追加されると発表しています。今後、より意思決定が迅速になる組織体制が整うと考えられます。

その他、アブダビ国営石油公社(ADNOC)のCEOであるスルタン・アル・ジャベール氏が率いる産業技術省の設立が発表されたほか、Ministry of Energy and Industry(エネルギー・産業省)とMinistry of Infrastructure Development(インフラ開発省)が統合したり、Ministry of Energy and Infrastructure(エネルギー・インフラ省)となったり、Ministry of Culture and Youth(文化・ユース省)が新設される等、時代と状況に則した形での組織体系の変化が推進されています。今後、新たな組織のトップがどういった施策やイニシアティブを検討・導入するかという動きに注目が集まることが予想されます。
(その他の大きな組織改編の内容については、https://www.thenational.ae/uae/government/uae-cabinet-reshuffle-appoints-new-ministers-and-merges-departments-1.1044316をご参照ください)

当社はドバイの政府機関である投資受入庁(Dubai FDI)とパートナーシップを組み、連邦や首長国の政府機関に対する幅広いネットワークを有しております。弊社のノウハウやネットワークを活かした現地進出・事業展開にご興味がございましたら、是非一度お問合せください。


Copyright© 2020 ksn Reserch & Consulting. ALL Rights Reserved.