中東ビジネス最新情報 ・2021年11月9日

ドバイが観光・商務局と経済局を統合、2025年の目標達成に向けて加速へ

2021年11月6日に、ドバイの皇太子であるシェイク・ハムダン氏が自身のツイッターにて、Dubai Economy(ドバイ経済局)とDepartment of Tourism and Commerce Marketing(ドバイ観光・商務局)を統合し、Helal Saeed Al Marri氏が新しい組織の統括となることを発表しました。

新たに設立される新組織の大きな目標は①2025年に観光客2,500万人の誘致、②今後5年間における産業分野の付加価値150%増、③自国産商品の海外への輸出の50%増、④今後3年間で10万社の企業誘致と、毎年400以上の経済イベントの開催、⑤小規模事業者による積極的なドバイ証券取引所への上場推進、が挙げられています。いずれも、ドバイが今後も発展し続ける上で達成不可欠な経済指標であり、ドバイの政府機関のうち経済活動を根底から支えている2つの組織の統合は、今後もドバイに更なる発展をもたらす、と期待されています。

ドバイでは万博が開始され、新型コロナウイルスによる経済活動の規制も徐々に緩和されており、通常の日々が戻りつつあります。現在は万博によって賑わいを見せているドバイですが、それに続く新たな施策の打ち出しと導入は、今後、同国をさらに発展させる上で重要な意味を持っています。また、観光のみならず、自国産の輸出促進による付加価値提供や、上場を推進することで地域の金融の中心地となる等、これまでドバイが発展してきた強みをさらに伸ばす方針が明確に打ち出されたことは、同国が今後発展していく方向性と道筋を示したと言えるでしょう。

このように、ドバイ政府は積極的に変化を取り入れ、組織や風土を柔軟に変化させることで、首長国としてのさらなる成長を志向し、国内外の企業へのビジネスチャンスを提供しています。

ksnコーポレーションでは、ドバイ政府機関との提携関係の下、UAEや中東市場における各種規制の調査から参入戦略の立案、現地パートナー候補のご紹介等といったご支援をさせて頂いております。UAE及び中東地域への進出や販路開拓にご関心をお持ちの企業様がいらっしゃいましたら、是非お気軽にお問い合わせください。




Copyright© 2021 ksn Reserch & Consulting. ALL Rights Reserved.