中東ビジネス最新情報 ・2021年9月1日

サウジアラビアのアグテック企業Red Sea Farmsが1,600万ドルを調達

UAEやサウジアラビアなどのいわゆる湾岸諸国のほとんどは食糧自給率が著しく低く、食糧安全保障が大きな課題となっています。各国政府はこの課題解決を重視し、また民間企業にとっては大きなビジネスチャンスとなる可能性があるため、官民問わず多くの取組がなされていますが、それらの中でも有望な技術開発を行うスタートアップの動きに注目が集まりつつあります。

サウジアラビアに本拠を置き、同国のKing Abdullah University of Science and Technologyの研究者により設立されたRed Sea Farmsも、乾燥地域における新たな農業技術の研究開発を行うスタートアップ企業の一つです。この企業は、今年8月に、サウジアラムコ傘下のWa’edをはじめとした湾岸地域の有力投資家から1,600万ドルの資金調達を実施し、注目を集めました。

https://www.arabnews.com/node/1911411/business-economy

このRed Sea Farmsは塩水を農業に積極的に活用し、淡水の使用量を減らすことにより、湾岸諸国の砂漠気候でも展開可能な新しい農業技術の研究開発を行っています。具体的には、塩水を使用して植物工場内の空気を冷却したり、塩水による灌漑などを行うことで、同社は植物工場での淡水利用量を従来と比較して8割から9割も削減することが可能であるとしています。

同社はまた、トマトをはじめとしたいくつかの植物の塩水耐性の研究も行っています。塩水によって植物が育つということ自体が驚くべきことですが、例えばチェリートマトに塩水の灌漑を施すと、淡水で栽培した場合よりも甘みが増し、また食感も良くなるという結果が得られているそうです。

こうした多額の資金や研究結果を武器に、同社は現在UAEへの展開を視野に入れており、その先には更にアメリカ市場への参入も検討しているとのことです。これまではアメリカなどのスタートアップの技術が中東地域にもたらされるという流れが主流でしたが、こうした乾燥地域の課題解決型の技術に関しては、中東発のものがアメリカに進出するという事例が出てくるかもしれません。

ksnコーポレーションでは、ドバイ政府機関との提携関係の下、UAEや中東市場における各種規制の調査から参入戦略の立案、現地パートナー候補のご紹介、展示会出展のサポートといった支援をさせて頂いております。UAEや中東地域への進出や販路開拓にご関心をお持ちの企業様がいらっしゃいましたら、是非お気軽にお問い合わせください。


Copyright© 2021 ksn Reserch & Consulting. ALL Rights Reserved.