中東ビジネス最新情報 ・2021年7月12日

UAE全土を横断するエティハド鉄道

UAEを横断するエティハド鉄道の拡張プロジェクトが進行しています。エティハド鉄道は2009年から開始された計画に基づき、ルワイス港とハブシャン及びシャー周辺の油田を結びつけるフェーズ1が2016年から運用されています。現在進行中のフェーズ2は、UAE全土の約1,200㎞を横断する予定で、あと数年で完成するとされています。

フェーズ2が完成すれば、UAEの7首長国すべてが1本の鉄道で繋がることとなり、貴金属類等の資源に加え、食料品などの日用品を大量かつ迅速に輸送することが可能となります。その輸送量は日々の輸送トラック5,600台分に相当し、さらに年間220万トンの温室効果ガスの排出抑制にもつながり、より環境に配慮した形で効率的な輸送が可能となります。

エティハド鉄道は、今後のUAEの経済成長の要と期待されており、また、フェーズ2ではサウジアラビアとの国境の町であるグワイファットにも結ばれる予定であり、今後はサウジアラビア含むGCC諸国を同鉄道の拡大により結び付けていこうという同国の長期的戦略も垣間見えます。エティハド鉄道が完成しさらなる拡張が実現すれば、UAEはGCC諸国および中東地域におけるハブとしての地位をさらに確固たるものにし、同地域の経済成長の拠点としての役割をさらに強化していくものと考えられます。したがって、中東地域に進出をお考えの日系企業様にとっては、中長期的に見ても、UAEを拠点として展開していくことが有益な選択肢の一つになると考えられます。

ksnコーポレーションでは、ドバイ政府機関との提携関係の下、UAEや中東市場における各種規制の調査から参入戦略の立案、現地パートナー候補のご紹介、展示会出展のサポートといったご支援をさせて頂いております。UAEや中東地域への進出や販路開拓にご関心をお持ちの企業様がいらっしゃいましたら、是非お気軽にお問い合わせください。

参考文献:Etihad Rail: what is the region’s biggest train project – and where does it go? (thenationalnews.com)

Copyright© 2021 ksn Reserch & Consulting. ALL Rights Reserved.