中東ビジネス最新情報 ・2021年5月26日

UAEで新会社法が6月1日より施行。外資100%資本の会社設立が可能に

UAEの経済省(Ministry of Economy)は、以前より公表されていた商業会社法(Commercial Companies Law)の改正法が、2021年6月1日より施行されることを発表しました。この改正法の施行により、フリーゾーン外の内地(オンショア)における外資資本100%の企業の設立が可能となります。UAE政府は2020年12月に商業会社法の改正案について公表をしていましたが、その6か月後には実際の運用が開始されるという非常にスピーディな意思決定が行われています。
ただし、外資資本100%が認められる業種については、UAE内閣の判断によって対象外となる業種があり、一つの条件としては、政府や地方政府等が保有する企業については、対象外であると現地のGulf News紙は報じています。

UAEの経済大臣であるAbdulla Bin Touq Al Marri氏は、本会社法の改正に際して「UAEがグローバルな投資先としてのポジションを強めるというビジョンの達成に寄与する」と述べています。これまでは現地企業、または現地国籍を有する個人が51%以上の資本を保有する必要があったUAEオンショアでの会社設立について、資本構成の制限が緩和されたことにより、さらに多くの外国企業が中東ビジネスのハブであるUAEに投資を行い、拠点を設立することになるのではないかと考えられます。
UAEの隣国であるサウジアラビアについても、外資企業を積極的に誘致するため、様々な施策の導入を検討しており、中東地域の2大巨頭であるUAEとサウジアラビアが競って外資規制の緩和を進めることで、よりビジネスが実施しやすい環境が構築されることが期待できます。

ksnコーポレーションでは、ドバイ政府機関との提携関係の下、含めUAEや中東市場における各種規制の調査から参入戦略の立案、現地パートナー候補のご紹介、拠点設立支援といったご支援をさせて頂いております。UAE及び中東地域への進出や販路開拓にご関心をお持ちの企業様がいらっしゃいましたら、是非お気軽にお問い合わせください。

参考文献:
https://gulfnews.com/business/uae-100-foreign-ownership-in-uae-firms-starts-on-june-1-1.1621413603630




Copyright© 2021 ksn Reserch & Consulting. ALL Rights Reserved.