中東ビジネス最新情報 ・2018年8月9日

UAE食品・飲料製造業の代表格「Agthia」とは

このエントリーをはてなブックマークに追加Array
UAEは一般的に食品のほとんどを海外からの輸入に頼っているため食料自給率が著しく低くなっています。
そのため、食品分野においては日本企業にも大きなビジネスチャンスがあると考えられるわけですが、本稿ではそのようなUAEにおいて食品・飲料製造業の代表格とも言える「Agthia」という会社を紹介したいと思います。
Agthiaは2004年に設立され、以前本サイト記事にて紹介したアブダビ国営産業公社であるSenaat(記事:アブダビの産業育成を担う国営企業「Senaat」)が株式の51%を保有しており、2005年にはアブダビ証券取引所に上場しています。
Agthiaの主要商品はAl Ainブランドの飲料水で、ペットボトルの商品からウォーターサーバー用まで幅広く商品を展開し、UAEでナンバーワンのシェアを誇っています。
その他にも同社は同じくAl Ainブランドでトマトペーストやオリーブオイル、冷凍野菜などの食品を製造・販売しているほか、自社ブランドのパンやフルーツの加工品なども展開しています。

AgthiaはUAE企業であるためもちろんUAEにおいて最も高いプレゼンスを有していますが、その商品はGCC諸国やトルコなど幅広い国々で販売されています。
また、同社はサウジアラビア、オマーン、エジプト、トルコに現地法人を構え、UAEと併せておよそ4,500名の人員を雇用しているとのことです。
これらに加え、Agthiaは先月にクウェートにて現地の企業と合弁でボトル飲料水の製造を開始したことを発表しています。
こうして積極的な海外展開を進めているAgthiaですが、彼らは業績も好調で2018年上半期の売上が10億AED(約3,000億円)を上回り、また純利益も1億AED(約300億円)に達したとの記事が公開されています。
https://www.arabianbusiness.com/retail/402399-uae-food-giant-agthia-posts-6-rise-in-half-year-profits
UAEやドバイと聞くとどうしてもモノを売る市場としてのイメージが強くなりがちですが、中東全体をマーケットと捉え現地での製造を検討する場合は、こうした企業が現地パートナーの候補になるものと考えられます。
もちろん現地製造の他にも、技術供与や原材料及び中間財の販売など、協業のチャンスはいくつも考えられます。

ksnコーポレーションではこうしたAgthiaなどアブダビの企業にも強いネットワークを持ち、中東市場における各種規制の調査から参入戦略の立案、現地パートナー候補のご紹介といったご支援をさせて頂いております。
UAEへの進出や販路開拓にご関心をお持ちの企業様がいらっしゃいましたら、是非お気軽にお問合せください。



Copyright© 2020 ksn Reserch & Consulting. ALL Rights Reserved.