中東ビジネス最新情報 ・2018年11月30日

Jameel Arts Centre:UAE初の現代アート施設オープン

このエントリーをはてなブックマークに追加Array
ちょうど一年前、UAEとフランス政府間の合意をもとに建設されたルーヴル・アブダビがオープンしましたが、UAEには今年も新たにアート施設が誕生しました。
11月11日、ドバイのアル・ジャダフ地区にサウジアラビア非営利組織Art Jameelにより設立された「Jameel Arts Centre」がオープンを迎えました。
当センターは10室のギャラリーのほか研究センター、図書室、イベントスペース、屋外彫刻があり総面積は約1万平米におよび、イギリスのSerie Architects社のデザイン、ドバイのibda designによって建設されました。

Art Dubaiの前ダイレクターであるAntonia Carver氏が指揮を取り、Jameelアートコレクションを含め、中東や世界の現代美術作品を展示します。
オープニング展では、中東の石油にまつわる複雑な関係性や中東の変遷をテーマにした展覧会と、4人の女性アーティストによる個展が催されています。
その中の一人にベルリン在住の日本人アーティスト塩田千春氏が参加しており、ドバイの歴史とアイデンティティに着目し、伝統的な渡し船「アブラ」を使った新作を発表しています。

Jameel Arts Centre は、サウジアラビアのAbdul Latif Jameel社が行う慈善事業で初となるアートの専用施設ですが、なぜわざわざドバイに作られたかと言うと、同社はUAEのアートシーンが中東地域で強力な役割を持ち、アーティストやパートナーにとっても豊かなネットワークを形成することに役立つからであるとしており、2020にサウジアラビアにオープンさせるアートセンター、アートシアターの足掛かりとしている様です。
こうしたUAE内での活動や、3月に行われたアートウィーク内でサウジがArt Dubaiやギャラリーとの提携イベントの発表したことを受け、UAE国も国主導で取り組む活動が増えているそうです。
ドバイでは毎年3月になると現代アートの催しが目白押しとなり、「Art Week」「Art Dubai」「SIKKA Art Fair」「World Art Dubai」など世界中からギャラリーやアーティスト、収集家、美術関係者が集まりアート界においてもハブの役割を果たしています。

ksn Research & Consultingでは、現地政府との提携のもと、リサーチやコンサルティングサービスを提供しており、現地政府のニーズに合わせて、企業様の技術や製品を提案する機会も設けることが可能です。そういったビジネスにご興味がございましたら是非お問合せください。


Copyright© 2020 ksn Reserch & Consulting. ALL Rights Reserved.